東京大学
大学院農学生命科学研究科
森林科学専攻
造林学研究室

森林の有する多様な機能の発揮は、森林を構成する木本植物の物質生産と永年性・巨大性という成長特性が基盤となっている。木本植物には多様な種が存在し、様々な環境条件の場所に森林を形成している。
 地球温暖化が顕在化するのに伴い森林の機能に対する関心が高まっている一方で、人間活動の拡大による熱帯林の消失や不適切な利用・管理による劣化が急激に進んでいる。荒廃した土地の環境を修復し機能を回復させるためには森林に戻す必要があるが、土壌に問題があるなどの理由で植生の回復が進まない荒廃地が多数見られる。現地の環境ストレスに適応した木本植物を利用した森林再生技術が必要である。
 造林学研究室では、草本植物とは異なる樹木に特徴的な性質に着目しながら、主に土壌に関わる環境ストレスに対する耐性機構や物質生産に関して基礎的研究を進め、現地の環境に即した森林の育成・維持管理方法の構築への貢献を目指している。
Our main goal of research is to develop improved scientific techniques of restoration and conservation of forests having a diversity of field sites and environmental conditions. Our research themes cover all aspects of forest ecosystem function, from the cellular and molecular to the global scale. We conduct research in laboratory and the temperate, subtropical and tropical forests of Asia, especially in Japan and Southeast Asia.

主な研究テーマ

  • 土壌や樹体内の水分や養分の動態
  • 造林の低コスト化のための育苗技術の開発
  • 土壌の高温や低温,湛水に対する樹木の反応
  • 特用林産物の持続的利用のための森林管理手法
  • 樹体内への移行をはじめとした林内における放射性物質の動態

メンバー

教員
丹下 健   教授 →業績データベース
橋本 昌司  准教授 (アイソトープ農学教育研究施設 森林放射線生態学,クロスアポイントメント:森林総合研究所) →業績データベース
益守 眞也  講師 →業績データベース
黒河内 寛之 助教
研究員
阿部 有希子
 
大学院生
藤田 早紀
 
学部生
鈴木 涼太
萬代 哲也
 

関連講義

学部
造林学
森林土壌学
森林生態生理学
森林基礎実習I,III
森林土壌学実験
大学院
造林学特論
基礎造林学
森林土壌学特論
森林生態社会学

最近の学位論文テーマ

卒業論文
機械学習による高解像度デジタル土壌図作成 ―埼玉県秩父地域周辺を 対象として―
根圏のカリウム濃度がコナラ実生のセシウム吸収に及ぼす影響
スギ材の乾燥に伴う材内の放射性Csの移動について
足尾銅山周辺の荒廃地における客土を用いた山腹緑化工跡地の土壌物理性
熱帯環境造林候補樹木の根圏低酸素ストレスに対する応答
放射性セシウムのスギとアカマツの樹体内分布とスギ植栽木への初期移行
植栽後のスギコンテナ苗,裸根苗の生理状態について
沈水したMelaleuca cajuputi実生の内部酸素動態と高濃度CO2環境の影響
異なる火山灰を母材とする黒色土A層の化学性と土壌呼吸速度
スギ成木の光合成速度と葉肉CO2拡散抵抗
東京大学千葉演習林におけるヒノキ高齢林の地位評価
樹高成長速度の異なるスギ成木の水分生理状態
スギ成木の葉面からの水分吸収と水分生理状態への影響
単色光を照射したときのエノキの葉の調位運動
修士学位論文
コナラ実生のセシウム吸収抑制に関与する土壌中のカリウムの形態
暗所処理によるスギコンテナ苗の伸長成長制御
スギコンテナ苗の形状と植栽当初の蒸散、成長について
森林土壌における脱窒活性と脱窒に関わる微生物群集構成に関する研究
東京大学千葉演習林おけるスギ高齢木の地位評価

Laboratory of Silviculture
Department of Forest Science
Graduate Shool of Agricultural and Life Sciences
University of Tokyo

Tokyo 113-8657, Japan

問合せ:masumori[at]fr.a.u-tokyo.ac.jp
東京大学農学部造林学研究室

This page was last modified by Masumori, Univ. of Tokyo, on 4 Jul. 2020.
All rights reserved.